スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




元興寺の日本で最も古い瓦
2010年01月29日 (金) | 編集 |

元興寺(奈良県)を歩く


奈良の元興寺と言えば、南都七大寺の一つとして有名ですが、

     この七大字って何の寺か知っていますか? (・o・)

   それは… 興福寺、東大寺、西大寺、薬師寺、大安寺、法隆寺、

       そしてこの元興寺ですね♪




そもそも、この元興寺は蘇我馬子が飛鳥に建立した、

    日本最古の本格的仏教寺院である 「法興寺」 がその前身であると言われ

  794年の平城京遷都に伴って飛鳥から現在の地へ移転し 「元興寺」 となったとか。




この元興寺と言えば、「日本最古の瓦」 で有名ですが♪

    この下の写真は最古の瓦ではなく、元興寺の 鬼瓦 の写真!!

   ちょっと余談ですが、昔この辺りには 「鬼」 が出たらしく (゜゜)

       鬼の伝説が今も残ってそうですよ! 詳しくは → ここを読んでね!




鬼の話しついでに、現在国宝に指定されている本堂ですが、実は…

   1950年ころまでは床は落ち、屋根は破れて 「化け物が出る」

  と言われたほどの荒れ方だったらしいので、もしかすると、もしかすると!ですね (^^ゞ

      しかし今はもう全然想像できません (・o・)




さて、国宝の「本堂」と「禅室」を見ながら奥まで歩いてゆくと…




一番奥の所に「ここから振り返って、古代瓦をご覧ください」

    と書かれた看板を発見しました! \(゜ロ\)(/ロ゜)/




そして!振り返って見ると!!!

    おぉ~~~ \(◎o◎)/!




分かりますか?

  これが日本で一番古いとされてる 「古代瓦」です !




この古代瓦は 「行基葺の瓦」と言われ、

   なんと!飛鳥時代創建の「法興寺」の屋根に載せていた1400年前の瓦。

  この元興寺に来て、この瓦は絶対に見逃してはいけません! (^◇^)

      奈良は本当に歴史ロマンを感じる魅力ある場所ですね (^_-)-☆ すばらしい♪

  


   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「順位よ上がれ♪」





「元興寺」
場所:奈良県奈良市 地図はココをクリック
元興寺公式サイト
関連記事




テーマ:世界遺産・遺跡・名所
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。