スポンサーリンク

大正村をぶらり散歩して…
2010年05月20日 (木) | 編集 |

大正村(岐阜県)を歩く♪


岐阜県恵那市明智町にある大正村は、古き良き日本が残る場所として知られ、

     特にコレって言う観光スポットがあるわけではありませんが、

  ぶらっと散歩するには最高で、ここに来ると不思議と心が癒される…

        そう!ここは♪ 大正村 と言う名前が付く、小さな町なのです (^_-)-☆ 




さすがに 「大正村」 と名前が付くだけあって、

  日本古来の「和」と、西洋の「洋」が合わさり、所々にモダンな風情がある。




この 「大正路地」 と名の付く小道は、

    さすがに綺麗に整備されていますので、その点に当時との違いはあるようですが、

  昔と何一つ変わらない場所として今も残り (*^。^*)

      この白と黒のコントラストは、大正村を代表する景観としても知られています。




また、この 「うかれ横町」 と書かれた建物は、

   「渡り廊下のある道」 と呼ばれ、明治大正時代には

  芸妓置屋から、この渡り廊下を通って料亭の席へ通った道として使われていたそうですが、

      今は個人宅として、生活の場となっているようで (・o・)




一般的な印象で考えると 「大正村」 なんて名前が付くと、

    ちょっとしたテーマパークかと思ってしまいますが、

   見ての通り! ここは今も普通の生活が残る、本当にただの町なのです \(^o^)/




ほら♪こんな懐かしい看板が今も普通に残ってて、

   そんな一昔前の日本の風景がそのまま残る場所が 「大正村」 です。




大正村の一番の特徴は、やはり大正時代の建物が多く残る事ですが、

    この時代の建物って、見てて全然飽きないんですよね (*^。^*)

  重厚感があるけれども、繊細な部分も多く品があります。

      あ!これは今は絵画館となっていますが、元小学校跡で、




こちらの建物は!明治39年に庁舎として建てられた木造の洋館。

    今は大正村役場として、休憩場として無料開放されています♪




そして、大正のモダンなイメージをしたこの洋風建築は、

   大正ロマン館と言う、いわば大正時代に関する資料などが見れる記念館ですね。




岐阜県恵那郡明智町…

   またここは、織田信長を本能寺で倒した明智光秀の生誕の地とも言われ

  歴史好きにとっても、魅力溢れる町でもあります。

     こんな風情ある場所は、いつきてもゆっくり出来ます (^◇^)

   

   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチッしてね!」





「大正村にて」
住所:岐阜県恵那市明智町 大正村にて 地図はココをクリック
日本大正村の公式ホームページはココをクリック



関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可