スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




安土城跡で天主を見上げる
2010年07月01日 (木) | 編集 |

安土城(滋賀県)を訪れる♪


安土城は日本の城に大きな影響を与えた城と言われています。

   私たちは、城と言えば全て 「石垣に囲まれた城」 をイメージしますが

  実は織田信長が安土城を築城するまでは土塁が主流で

      山全体を石垣で囲った城は、目にした全ての人の度肝を抜いたとか (・o・)




私は歴史が好きなので、城を巡って歩くのが大好きなのですが、

   古城って言葉を耳にすると、石垣しか残っていない安土城を常に思い出します。

  この下の写真は、 「大手道」 と言って、一直線の道が伸び、

      その左右には徳川家康、羽柴秀吉、前田利家など重臣の屋敷が並んでいたと言われ




秀吉の屋敷跡を見てみると、想像以上に広く

   当時、既に彼は相当な権力を手にしていた事が分かりますね (p_-)

      それにしても、石垣が綺麗です (*^。^*)




さて、安土城と言えば、石垣に石仏が使われてる事が有名ですが

    そうなのです! これは普通の石の階段に、仏さまが使われてて…

  この写真にあるように 「石仏」 と書かれてなければ踏んでしまいそうになります。

       神をも怖れない信長のイメージに出会う瞬間でもあり、




特に印象に残るのは、この 「仏足石」 と言われる

   お釈迦様の足をかたどった、歴史的価値のあるものまで…

      石垣に使われていることに驚きです \(◎o◎)/!




そして、上へ上へと進んで行くと、

   信長を祀っている社があり、そして…




さらに先へと進んで行くと! 天主跡 に到着するのですが、

   この 「天主」 と言うもの自体が織田信長に始まる言葉と言われています。

      最後の石階段を登り、そして到着した先には!




ここに天主があったとされる礎石の跡だけが残っていて (゜-゜)

   安土城の天主… 目を閉じると、黄金に輝く城が思い浮かんで来ます…

     (天主の姿に関して、前回の記事を参考にみて下さい → ココをクリック




思わず、天主の礎石のど真ん中で空を見上げてみました…

   今から428年前、ここにあったと思うと本当に不思議です (*^。^*)




織田信長が明智光秀に本能寺で謀殺された後、安土城は炎に包まれ炎上しました。

    それは明智秀満が放火したとか、また城下の火事が飛び火したとか、

  信長の二男、織田信雄が火を放ったなど諸説色々とありますが、

       偉大なる財産が消失した瞬間であったことは、間違いありません。


安土城跡、情緒ありとても雰囲気が良いので、ハイキングコースとしても良く! (^◇^)
   
  城好き、信長ファンじゃなくても、楽しめますよ♪

    近くにある 「信長の館」 に行ってから、この安土城跡に登るのがおススメ(^_-)-☆



 
   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」



【安土城に関する記事です】








「安土城跡」
場所:滋賀県近江八幡市安土町下豊浦  地図はココをクリック
電話:0748-46-4234
営業:季節により変動あり、確認を!  500円



関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。