スポンサーリンク

承久の乱、跡地を歩く…
2010年08月14日 (土) | 編集 |

各務ヶ原市(岐阜県)を探索♪


愛知県、岐阜県は歴史好きには魅力的な地域の一つですね♪

   信長、秀吉、家康の史跡以外にも、様々な歴史の足跡を見る事が出来ます (・o・)

  例えば、あまり知られていませんが…

      歴史上最大の革命とも言われる 承久の乱 の跡地もあるんですよ!




愛知県、岐阜県をつなぐ各務ヶ原市にある 「愛岐大橋」 を岐阜方面に渡る時、

    前方に少し小高い山が見えますが、近くまで来ると…

   まるで天然の要塞のような絶壁があります (^◇^)

       そう、この地こそ、 「承久の乱」 のあった場所なのです。


この絶壁の山は 不動山 と呼ばれ、頂上まで簡単に歩く事が可能♪

   歩いて20分から30分ほど、少し急な坂道ですが、気軽に登れます (*^。^*)
    



承久の乱は1221年、鎌倉時代に

    後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げて敗れた兵乱と言われていますが、

  朝廷主導の政治が、この戦いの後から武家中心と変わった事から、

      関ヶ原のような大きな戦いよりも、大きな衝撃があったものだったとか!




そう、言葉を変えて言うと… 

    日本国史上初の最も大きな 「革命」 とも言えるものだったとも言われています。




不動山を歩くときには、数多くの石仏を見かけますが、

   もしかすると、当時の戦で亡くなった方を供養するためのものかもしれませんね…




岐阜のこの地で、朝廷軍と幕府軍が開戦し敗北した朝廷軍は、

   この後、京都の宇治川に最終決戦の場とするも、そこでも敗れてしまい




首謀者であった後鳥羽上皇は隠岐の島に流され、

    それに関わった多くの公家達は、流されたり斬られたり処罰され

  その後、武家社会は江戸時代まで続くこととなってしまいます。    




頂上から見る景色は、なかなか爽やかで良いモノ!!

    ただ、当時の戦の図を見てしまうと、

  山の下に見える川が… 承久の乱の激戦区だったようですね (・o・)

      ここは戦国時代に、織田家と斎藤家の激戦区でもあったそうなので

          戦の絶えない場所だったのでしょう (゜-゜)




今は信じられない程に静かな場所となっていますが…




不動山の麓には、「前渡不動」 が祀られ、

    また山の頂上には、 「沸眼院」 があります♪

   もし時間があれば、少し探索してみるのも悪くない場所だと思います (^_-)-☆



        

   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「承久の乱 供養地」
場所:岐阜県各務原市前渡西町 1975-21  地図はココをクリック 
承久の乱を詳しく調べる場合は、ココが便利です



関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可