スポンサーリンク

門を守る者たち…
2010年09月05日 (日) | 編集 |

東大寺(奈良県)を巡る♪


奈良の東大寺と言えば、大仏さまが有名ですが♪

    見どころは数知れないのが、東大寺の魅力と言っても良いと思います (*^。^*)

  例えば、この 南大門 なんて大きな魅力で (^O^)/

       きっと知らない人はいないと思います!!! ほら♪




この 仁王様 と呼ばれる 東大寺の 木造金剛力士立像 は誰もが知ってるはず!!

    ただ、こうやって写真で見ると本来の迫力が伝わらないのが残念ですが、

  この高さは8.4メートルもあり、見上げるとその迫力は言うまでもなく、

       寺院内に仏敵が入り込むことを防ぐ守護神としての役割を持ちます。




よく 「あ・うんの呼吸」 など、 「あ・うん」って言葉を耳にする事がありますが、

   この仁王像や、狛犬、また沖縄のシーサーなど対になってるのも 「あうん形」 と言います。

  「あ・うん」 とは漢字で書くと 「阿・吽」 となり、

     つまりは、阿(あ)は口を開いて最初に出す音、吽(ん)は口を閉じて出す最後の音なので

       それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた仏教語の一つだとか! (^◇^)
    

よ~く上の仁王様と下の仁王さまを見比べると… (p_-)

    上の写真の仁王様は口が開いてて 「あ」 と言ってそうで♪

       下の仁王様は口を閉じて 「うん」 と言ってそうですよね!!!

  コレが俗に言う 「阿形像」 と 「吽形像」 の見分け方と思うと、分かりやすいでしょ (^_-)-☆




これらの作は大仏師 「運慶」 および 「快慶」 の作と言われ国宝です。

   そして南大門を通り抜けると、先に東大寺の大仏殿が見えますが、

      その手前には 中門 があります (^O^)/


     

この中門にも!門の番人がいるんですよ (^_-)-☆




近くに行って見てみると… ここも迫力満点で \(◎o◎)/!

    足元から、ずーと上を見上げていくと…




持国天像 が睨みつけるように立っており




そして反対側に目をやると!!! 

    なんと!足元に \(◎o◎)/! 

  これは罪をして踏まれているのではなく、地天女と言い

      大地を神格化したもので、この上にいる兜跋毘沙門天像を支えています♪




そして上に立ってる 兜跋毘沙門天像(とばつびしゃもんてん) はと言えば…

    また凄い怖い顔をして門を守っています!!!

  「兜跋」とは聞きなれない言葉ですが、これは昔、中国に兜跋国と言う国があり、

      その国を守った伝説から、その時の出現時の特色ある服装をしているらしく…

         確かに、そうやって見ると何となく中国っぽいですね (p_-) う~む




いずれにせよ、この門を守る者たちの迫力と言えば相当なものです。

    現代でこそ、科学が発展し、多くの情報が簡単に手に入る時代となり、

  また、夜も明るく過ごす事が出来るようになりましたが、

     今から数百年前の夜、真っ暗な中で、この門の前に立つ勇気は出ないだろうなぁ~

        門を守る者の息づかいすら聞こえて来そうな迫力は見応え抜群ですね (^_-)-☆

 

   
   
   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」









関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可