スポンサーリンク

小豆袋が信長を救った話
2010年10月01日 (金) | 編集 |

敦賀市(福井県)を歩く♪


織田信長に関する本を読んだりすると必ずと言って良いほど登場するのが、

    金ヶ崎の戦い ですが、案外この話を知らない人が多いようです♪

   信長の妹、お市が 「両端を紐で結んだ小豆袋を信長に送った話」 と言えば…

        聞いた事のある人も多いと思います (^O^)/




そう!今回紹介するのは、福井県敦賀市の金ケ崎と言う場所にある

   織田信長に関する史跡に関してです (*^。^*)

  この金ケ崎は小高い丘になっている山城の跡地で、

      散策するには丁度良い遊歩道も整備され、ハイキングにも適した場所かも♪ 




そんな金ケ崎は、「金ヶ崎崩れ」 とも呼ばれ

    越前の朝倉義景領に侵攻した織田徳川連合軍が大敗し、

        織田信長は、命からがら逃げた出した事で知られています (・o・)


  織田信長は、どうして大敗したのか?


それは… 朝倉勢に対して優勢に戦を進めていた信長だったけれど、

   突然、信長の義弟である北近江の浅井長政が裏切り、

     越前(朝倉勢)と北近江(浅井勢)からの 「挟み撃ち」 という

        絶体絶命の危機にみまわれたからです。  




ただ、この時に有名な話として

     裏切った浅井長政の妻、お市は信長の妹で、そのお市が兄の信長に危機を知らせるために、

  両端を紐で結んだ小豆袋を信長に送り、裏切りを知らせた

      要するに、 「あなたは今! 袋のネズミ状態ですよ」  と

         小豆の袋を送ることで、メッセージを伝えたと言う逸話が残っています。




そこで!!ほら♪ ここではちゃ~んと(*^。^*)

   「難関突破のお守り」 が販売されてて (^O^)/




良く見ると、小豆の袋の形をしていますね♪




この話が事実かどうかは分かりませんが、

    でも小説などによると、頭の回転の良い信長は! この小豆袋を見て、

   浅井勢が本当に裏切ったのであれば、勝機なしと見て、

       羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に、備えを任せて京都に命からがら逃げて行くのです。




この地に来ると、う~ん(*^。^*) なんとも♪

    その時の光景が目に浮かんできて、何だか実に趣が深く余韻に浸りながら

   金ケ崎城址の先にある 「月見御殿」 と書かれた場所まで歩いて行き、

       雄大な海の景色でも見ようかと思ったのですが…  \(◎o◎)/!




なんじゃこりゃ~ (;一_一)




金ケ崎城址の先端からの景色は、こんな残念な景色となっていました (+o+)

   この景色の見える場所は 「月見御殿」 と言う場所で、

  別名、月見先とも呼ばれ、昔々の南北朝の時代から武将達が月を見てた場所だったそうですが、

     今は、このありさまです (ToT)/~~~ 敦賀市はナンセンスだね!!

        う~ん、ここだけが残念でならないなぁ~ ハァ~ (-。-)y-゜゜゜


   

   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」







「金ケ崎城址」
場所:敦賀市金ケ崎町 地図はココをクリック 
    



関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可