スポンサーリンク

かつては、がっかり名所だった?
2010年11月12日 (金) | 編集 |

那覇市(沖縄)を探索♪


沖縄を代表する名所の一つとして、

     この 首里城 の存在を忘れる事は出来ませんね \(^o^)/

   日本100名城の一つにも入り、また世界遺産にも登録されていますが、

        実は… この世界遺産の登録は 「首里城跡」 であり、




私たちが目にしている首里城は復元された建物や城壁で

   これらに関しては、世界遺産ではなそうです (・へ・)

  1945年の沖縄戦で、市街は壊滅的な被害を受け、

      国宝であった首里城の正殿なども破壊されてしまい、

          世界遺産として登録されているのは、あくまで、その跡地だとか…




この 守礼門 は2千円札の図柄として使われていますが、

      守礼門も同様に再建されたものですが、再建は比較的早かったので、

   首里城跡地には、この再建された 「守礼門」 がポツンとあるだけの状態となり

         数年前までは、ここはガッカリ名所と言われてたそうです (・o・)




そして1992年に、首里城本殿が再建された事によって!

     この首里城の存在は、多くの人に注目されるようになったそうです♪




確かに、日本の城としては全くな異質なもので、

    デザイン、色、形、全てが実に魅力的で! ほら♪屋根を見てみると、

   龍がいますね \(^o^)/ 近くで見ると、迫力満点!!




この龍は、琉球時代の国王の象徴だった事もあり、

    よく見ると、建物のあらゆる所に 「龍」 の存在を確認することが出来ます (^◇^)




王の居住する中心部は正殿と呼ばれ、

   全て当時の状態を復元したものになりますが、その中を見て歩く事が出来、




何と言っても!正殿内部の 「玉座」 を復元された場所辺りは

    かなり見応えがあります \(^o^)/

  玉座の上にある 「中山世土」 と書かれた額は、

      康熙帝本人(清の皇帝)の筆跡を再現した上で復元され飾られているとか!




このように、全てにおいて当時の状態を追求した復元は、

    かつては、「がっかり名所」 と呼ばれていた首里城のイメージを根本的に変えました。

  確かに、実に素晴らしい復元です (*^。^*)




ただ残念なのは、この素晴らしい首里城を戦争で失ってしまった事。

    この首里城だけでなく、日本、いや世界各国に残っていた数多くの遺産を、

  また多くの命を失わせてしまったあの戦争は、一体何だったのかなぁ~と

      ふと考えてしまうほど、素晴らしい建築物が数十年前までココに実在していました。




   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」







「首里城跡」
場所:沖縄県那覇市首里  地図はココをクリック
    首里城の詳細はココをクリック  



関連記事




テーマ:沖縄旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可