スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




頼久寺の庭園を独占(*^。^*)
2010年12月02日 (木) | 編集 |

高梁市(岡山県)を探索♪


日本で一番高い位置に今もなお当時のまま現存する備中松山城

     この山城の麓にあるのが 頼久寺(らいきゅうじ) です \(^o^)/

   もし、岡山県の高梁市に立ち寄った際は、

         備中松山城と合わせて是非に立ち寄りたい場所でもあります♪




まぁ~一見、どこにでもある普通のお寺ですが、

     この頼久寺に見所は、入場料が必要になりますが、ここにある庭園です (*^。^*)




この高梁市(たかはしし)自体、高速の降り口から少し離れてる事もあってか、

     素晴らしい庭園を見る事が出来るのに、意外と空いてて、

   紅葉の季節には、ちょっとした穴場のような気もします♪

        ほら、このような景色を独占出来るとしたら!!! 良いと思いませんか (*^。^*)




縁側に腰掛けていると、時間が過ぎるのを忘れるほど…

     ここにずっと居たくなります (^◇^) とっても静かで、サイコー♪




また、館内には庭園の説明が放送で流れるので、

     あまり庭園に関する知識がなくても、けっこう理解出来ちゃいます (*^。^*)

   例えば、この岩で作り上げられた様は 「鶴」 をイメージされた 鶴島




こちらは 「亀」 をイメージされたものですね!! 亀島 と言います!




そして!これはサツキの大刈込みで 青海波 を表してるんですね (^_-)-☆

    言われてみれば、奥の木が3段になってて、波に見えて来ませんか♪
          



これはもう有名ですね!! 日本庭園の代表的な 枯山水 

   水のない庭のことで、池などの水を用いずに石や砂などにより

       山水の風景を表現する庭園様式の事を意味しています \(^o^)/




この写真では分かりにくいですが、

     この庭園全体は奥に見える山、愛宕山を借景してて

   遠くに見える山の景色を含めて、一つの作品として庭園を作り上げられています。

        また、秋になると紅葉が見事で!!この景色を長時間独占出来るのは実に贅沢! 
 



この庭園は、小堀遠州が作り上げたものですが、

    このような様式の庭園は、桃山時代から江戸初期にかけて盛んで、

  現在まで当時に近い状態で保存されているのは貴重であるとされ、

       1974年に国の名勝に指定されたそうです。実に見事な庭園です (^_-)-☆

    

   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「頼久寺」
場所:岡山県高梁市頼久寺町18  地図はココをクリック
電話:0866-22-3516
営業:9:00~17:00
     頼久寺にホームページはココをクリック



関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。