スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




雲を突く城!雲突城
2010年12月19日 (日) | 編集 |

佐用町(兵庫県)を探訪♪


中国自動車道の佐用インターを降り、

    国道373号線を北に車を進めていると、右手に大きな山が見えるのですが♪

  ちょうど 「道の駅 宿場町ひらふく」 の真正面辺りまで来たら…

       少し車を止めて、山を見上げてみて下さい (*^。^*)




この山の上には 利神城(りかんじょう) と言う城跡があります!

   天正6年(1578年)に織田信長の家臣であった羽柴秀吉が中国攻めの際、

  家臣の山中鹿之助によって落城させられた城と言われ、

      その後は、徳川の時代になり池田氏によって治められた城 (・o・)




…と、まぁ~歴史に興味がある人は、羽柴秀吉や山中鹿之助など、

     そんな戦国武将の名前が出てくると、心が躍ると思いますが、

   あまり歴史に興味ない人も多いと思うので、歴史に興味ない人にとっては

        「ふ~ん」って感じだと思います! (笑) 




ただ、歴史や城の興味がなかったとしても、

     かつて!この城は雲を突く高さだった事から、「雲突城」 って呼ばれた!

   そんな逸話を聞くと、ついつい見上げたくなるのではないでしょうか♪(^_-)-☆



    
しかし!この城は史跡の指定を受けていないので、

    石垣は崩落し始めているけど、補修作業は殆どされてないそうです… 

   だから、上まで登るのは危険なので、やめておいた方が良いとの事 (゜-゜)

      それでも危険を犯して頂上まで登る方も多いそうなので、

        史跡とかに関係なく、大きな事故が起きる前に国が何とかして欲しいものです。


少し写真をズームしてみると!こんな感じなんですね (*^。^*)
       



それにしても、「雲突城」 かぁ~ 良いあだ名ですね♪




もしも、この前の道を通ったら少し車を止めて、少し見上げてみて下さい♪

    そして城跡を見つけたら、少し目をつぶって、城をイメージし、

   城に雲がかかってる姿を想像してみると (*^。^*) 例え歴史に興味がなくても、

      なんだかワクワクして来ませんか!

        あまり名は知られていませんが、ここに壮大な城があったんですよ(^_-)-☆



   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」







「利神城跡」
場所:兵庫県佐用町  地図はココをクリック



関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。