スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




桶狭間古戦場跡
2011年02月26日 (土) | 編集 |
豊明市(愛知県)で歴史を探索!


桶狭間の合戦と言えば、誰もが知ってる
兵数の少ない織田信長が大軍の今川義元が奇襲で打ち破り
信長の名前を世の中に広めた、大変有名な戦の一つ ( ̄▽ ̄)

この古戦場跡地は、様々な言い伝えがあり、
実際は何処なのか分かっていませんが


桶狭間豊明1


ここ豊明市にある桶狭間古戦場跡は、
その有力候補地の一つ。

実際は、かなり広範囲での戦だったので、
どの場所も該当するようですが、
ただ実際に今川義元が倒された場所と言うのが、
大きな議論の的となっているようです (・o・)


桶狭間豊明2


この豊明の桶狭間古戦場跡地には、
今川義元の墓が2つあり
最も古いとされているのが、
この墓となります。


桶狭間豊明3


そして2つ目の墓は、コレですね。
こちらは今川義元の300年忌に建てられたらしく
見た感じからも、まだ新しいのが分かります。


桶狭間豊明4


さて、桶狭間の合戦と言えば、
今川義元の 軍勢2万5000に対し、
織田信長はその約10分の1の 
軍勢2500だったと言われ、

その勝敗を決めた決定的な原因は信長の情報力と、
義元の油断だったと言われていますが…
ここ最近の歴史小説を読むと、
案外違ってる事が多く、

例えば、この桶狭間で実は信長は降伏を申し出、
その調印の為に小高い山の上で顔を合わせた時、
信長が義元を謀殺したと言う…
例えば加藤廣著「空白の桶狭間」では、
そんな描写をされてます!!

この本はマジで面白いので、おススメです。
実際のところ、事実が分からない歴史の話ですが
とっても臨場感ありますよ(o^□^o)
そして何より本を読み、
その歴史の舞台に立つのって感慨深い!


ちなみに、桶狭間古戦場で今川義元の死を示す
最も古い「石碑」はコレ (・o・)


桶狭間豊明5


この桶狭間に立つ最も古い碑と言っても、
1771年に立てられたもので、
桶狭間の合戦が1560なので、
約211年も後に立てられたものとなります…

う~む(p_-) 211年も後に立ったのなら、
実際の場所を把握するのは確かに難しいかも。
少し近づいて見てみると、

この碑はこんな感じ。
後ろには触ってはいけない ねづの木 も見えます。


桶狭間豊明6
 
  
この碑のある場所から奥に向かって歩いて行くと、
スグ近くに 高徳院 と言う
立派なお寺があるのですが


桶狭間豊明7


ここにも、何やら碑が立っていて!!


桶狭間豊明8


見てみると!\(◎o◎)/! 
ここが、今川義元の本陣跡 だったようです。


桶狭間豊明9


この桶狭間の古戦場周辺には、
数多くの供養塔などがあり、
ついつい観光気分で訪れてしまいますが、

このような地を訪れた際は、
手を合わせることも忘れないようにしたいですね。



空白の桶狭間 (新潮文庫)












▼愛知県の宿泊先を【じゃらん】で探す
▼愛知県の宿泊先を【一休.com】で探す

▼宿泊先を【楽天トラベル】で探す




ブログランキングに登録しています(/・ω・)/
 「応援のポチッ!」して頂けたら、とっても嬉しいです♪


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村 

ご当地グルメ ブログランキングへ



■━━━━━━━━φ(..)メモメモ━■
「桶狭間古戦場跡 伝説地」
場所:愛知県豊明市栄町
地図はこちら
■━━━━━━━━━━━━━━━■




関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。