スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




名塚城址と稲生の戦い!ここで柴田勝家が・・・
2011年02月27日 (日) | 編集 |
名古屋市西区(愛知県)で歴史を探索!

織田信長の筆頭家老となった 柴田勝家、この名前は、歴史に興味がなくても聞いた事のある人は多いと思いはず! 柴田勝家と言う人は、実直で信長への忠誠心は絶対的であったと、そんな印象のある彼ですが、実は昔は信長に謀反をしていたことがあるんです (・o・)


名塚1


名古屋市西区名塚と言う場所にある 白山神社 に来てみると、ここには、名塚城址 と書かれた案内看板を目にする事が出来ますが、あまり耳にしない城ですね・・・ 実際は、ここには城と言うよりも、小さな砦があっただけではないでしょうか。


名塚2


この地で織田家の内紛が起き! 信長率いる軍勢700に対し、柴田勝家、林秀貞、そして織田信行(信長の弟)の軍勢は1700!最近では、この数は正しくなく、信行の軍勢は実際は5倍以上の数だったとも言われてます。いずれにせよ、明らかに信長は劣勢だったのは間違いないようですね・・・


名塚3


しかし!!信じられない程にあっさりと、信長は、この5倍近くあった信行の軍勢を破ります。今川義元を打ち破った桶狭間でもそうでしたが、織田信長と言う人物は、本当に不思議など逆境に強い!ほんと!彼は不思議な何か持ってる♪( ・д・)/ 


名塚4


さて、この戦いは、「稲生の戦い」 と呼ばれていますが、柴田勝家は、この戦を見て! 当時、「うつけ」と言われていた信長を、実は「うつけなどとんでもない!、この人は大器だ」と心を改め、信長に全てを謝罪し弟の信行も許してもらえるよう談判に行く… そんなストーリーはよく知られています (。・_・。)ノ


名塚5


信長は、この謀反を許しますが、最終的には弟の信行は再び謀反を企て殺されます。それにしても、大敗によって信長と言う人物の大きさを知った柴田勝家はスゴイ!! ここで興味深く感じたるのは、信長と言う人間は裏切り者は絶対に許さないそんな印象があるのですが、この柴田勝家に関しては別でした。

ちなみに、この時一緒に許された 林秀貞は20年以上経った後に、この時の罪を問われ織田家追放に・・・ 本当に改心した者と、心にわだかまりを持ちつつ仕方なく屈している者の差だったのでしょうか、信長と言う人物は様々な目線で人物を描かれますが人の心の中を見る目もあったのかもしれませんね。


名塚6


最後の写真にある 庚申塚 は、この戦いで亡くなった方を弔う為のものだとか。内紛の絶えなかった織田家が一つにまとまって行くキッカケとなった稲生の合戦。この約4年後に「桶狭間の戦い」となります (・o・)








▼愛知県の宿泊先を【じゃらん】で探す
▼愛知県の宿泊先を【一休.com】で探す

▼宿泊先を【楽天トラベル】で探す




ブログランキングに登録しています(/・ω・)/
 「応援のポチッ!」して頂けたら、とっても嬉しいです♪


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村 

ご当地グルメ ブログランキングへ



■━━━━━━━━φ(..)メモメモ━■
「名塚城址」
場所:愛知県名古屋市西区名塚
地図はこちら
■━━━━━━━━━━━━━━━■
関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。