スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




紀州東照宮知ってる?
2011年05月04日 (水) | 編集 |

和歌浦(和歌山県)を探索♪


東照宮と言えば 「日光東照宮」 が有名ですが、

    和歌山にも、紀州東照宮 と言う東照宮があるのを知っていますか?

   案外知られていないけれども・・・ かつて、

      「和歌の浦には名所がござる、一に権現」 とうたわれたのが、この東照宮です。




この場所は別名、関西の日光とも言われ、

    日光東照宮は、3代将軍徳川家光が大造営に着手したのに対し、

  紀州東照宮は、徳川家康の十男の徳川頼宣により創建され、

     初代将軍徳川家康を神格化した東照大権現と

        この紀州藩初代藩主である徳川頼宣を神格化した南龍大神を祀っています。




日光東照宮と比べると規模はかなり小さく

   1時間もあれば、ゆっくり見てまわる事が出来るほど!




賽銭箱を見ると、徳川の葵の御紋がありますね (^_-)-☆




そして紀州東照宮の見所の一つとしては、

    侍坂と呼ばれる108段の石階段!! \(^o^)/ どうして108段あるのかと言えば、

  108という数字は人間の煩悩の数を表しているらしく

       自分の足で登りきると、煩悩を解脱出来るそうですよ (^◇^)




108段の侍坂を登りつめると朱塗りの楼門があります。




この楼門は色鮮やかでとっても綺麗で、

   石階段を登り切った時は、さすがに爽快で気持が良い (^-^)




そして本殿が、これです \(^o^)/




一見、すごく地味なのですが… 入場料500円を払うと朱色の柵の奥に行く事が出来ます。

   すると!日光東照宮と同じ様に、「左甚五郎」 の彫刻や 「狩野探幽」 の襖絵があり、

       係員の説明付で、それらを見てまわる事が出来ます (^_-)-☆

     見ごたえはかなりあるけれども、写真は一切禁止されてて…

         唯一、写真が撮れる場所は、ここ位かも!!(この場所も地味ですね…)




室内なら写真禁止は分かるけど、

    建物の壁面も、写真は一切撮れないようになっているのは、とっても残念。

   もちろん理由があって写真が禁止されてると思いますが、

      もう少しオープンにすれば、知名度は間違いなく上がりそうなのになぁ~

         歴史好きな人は、絶対にお勧めな場所ですよ (^_-)-☆ カナリイイデスヨ!



   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「紀州東照宮」
場所:和歌山市和歌浦西2-1-2 地図はココをクリック
電話:073-444-0808



関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。