スポンサーリンク

玉津島神社と!てんぐ山(^_-)-☆
2011年05月08日 (日) | 編集 |

和歌浦(和歌山県)を探索♪


和歌山県と言うと、南紀白浜と言うイメージが強く、

    どうしても紀伊半島の南の方をイメージしてしまいますが、

  和歌山市内にも観光名所は数多くあるのを知っていますか? (^_-)-☆

      ここは、和歌山駅から車で10分ほどの場所にある和歌浦にある 玉津島神社




和歌浦と言うと… 万葉の地として知られていますが、

   例えば、この玉津島神社の塀を見ると 「小野小町、袖掛けの塀」 と名が付いていたり、




万葉集の碑が建てられています (^◇^)

   今から約1300年前、724年に聖武天皇はこの地に行幸され、

  あまりの美しい風景に感動したと記録に残っているそうです (*^。^*)
  
      そして、その時に同行した 山部赤人の詠んだ歌はあまりに有名♪


    わかの浦に 潮満ち来れば 潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る





そして、玉島津神社の中を歩いていると…

   天然記念物に指定されている大きな松の根が置かれていたりもします!!




さて!この 「玉津島神社」 に関してですが、この下の写真が拝殿です。

    聖武天皇によって、この地は明光浦(あかのうら)と呼ばれるようになり、

  詔によって、この地は神の降臨する場所とされたと言われている…

      そう!言わば、聖地なのです (^_-)-☆ 今風で言うとパワースポットですね!!




パワースポットと言えば…




これを見て下さい \(^o^)/ なんと! てんぐ山  と書かれた山があり、




この 「てんぐ」 は漢字で書くと、「天狗」 ではなく、「奠供」 となります!!

   そう… この先からは、聖域です (・o・)

       ここから見ると、山深そうな雰囲気があり、ちょっと空気が違う。




そして、山の中に足を運び入れると、

    長い石階段が続いています… これはちょっと大変かなって感じていると、




実は、意外とアッサリ山頂に到着します \(^o^)/

   そうですね~ 歩き始めて約10分(笑) 登山とは言えない山登りです。




この場所はねぇ~、本当にいい場所ですよ♪

    和歌浦と言うと、天橋立のような風景の見れる場所としても知られ

   山と言うよりも、小高い丘のような場所ですが、

      周りの景色は一望できるし、この一帯には優しい風が吹いて来る。




もし時間に余裕があるなら、

    何もない静かな場所ですが、ここだけで1時間ほど座ってゆっくりしたくなる…

  本当に不思議なほど、とっても落ち着く場所です。

       このような素敵な場所に巡り合えた事に、ちょっと感謝したくなります (^_-)-☆



   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「玉津島神社」
場所:和歌山市和歌浦中3丁目4-26 地図はココをクリック
電話:073-444-0472



関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可