スポンサーリンク

安産と不老祈願のパワースポット!
2011年05月10日 (火) | 編集 |

和歌浦(和歌山県)を探索♪


和歌山県の和歌浦は探索してみると、

     とっても魅力的な場所が沢山あります (^_-)-☆

   万葉の地ってイメージが強いけど… 隠れパワースポットの集合体です \(^o^)/

        例えば、ここ 塩竃神社 に来てみると!




この神社は、海風により自然に出来た洞窟の中にあり、

    建物の前に立っただけで、普通ではない深々とした雰囲気を感じます。

   かつて、「一に権現(紀州東照宮)、二に玉津島、三に下り松、四に塩竃よ」 と言われ、

       和歌浦の地を訪れる多くの人に愛された場所の一つ。   




私は霊感など全くないのですが、神社などに来た時、

    「あ!ここは神様がいるな!」って感じる場所があるんです。

   まさに、ここはそうでした!! とても不思議なパワーを感じる場所 (*^。^*)

       下の写真に 「和合の松」 って書かれてますよね!




その松が、コレです!!! 

   何だかこの松の根を見てるだけでも、不思議な気分になってきます。

  そして、この奥に拝殿があるんですよ (^_-)-☆




さて、この塩竃神社は、安産の神様と言われてて、

    古事記の伝承の中にも出来来ます。それは… 海幸彦、山幸彦の話なのですが、

   弟の山幸彦は、兄である海幸彦の釣針を海でなくしてしまいます。

      剣を砕き、500本の釣針を作って渡すが、兄は許してくれず、




浜辺で山幸彦が困り果てていると、そこに、塩槌翁尊と言う神様が現れて、

    海神(綿津見神)の所へ案内され、海神の計らいで鯛の口から釣針を見つけだすことが出来、

  そして、この山幸彦は、海神の娘をめとり、お産の時に

      塩槌翁尊の言う通り祈ると、とっても安産で子供が生まれたそうです。

        その 「塩槌翁尊」 を神体として祀ってるのがココ、塩竃神社なのです♪




また、10代紀州藩主の治宝(はるとみ)が、

     塩竃神社に長寿の祈願として架けた橋が、この 不老橋 です (^◇^)

   一見、普通の石橋に見えますが、江戸時代にこのアーチ型の橋は

        九州以外の地域では非常に珍しかったそうです。




そして、石橋の側面にある個の絵柄!

   これは仙境の瑞雲を表してると言われ、この橋を歩くと心身が清まるとか!




まぁ~ 俗に言う 「お成り道」 として架けられた橋だったので、

   当時は徳川家の方など、高貴な身分の方だけが歩けた場所だったのでしょうね (・o・)




あ!! 橋の先には 「塩竃神社」 が見えていますね♪




上の写真に見える大きな 「松」 ! わかりますか?

    あれが、さっき根の部分を紹介した松ですよ (*^。^*)

  岩場から出てくる、この大きな松!本当に見事です!!!

      ここをパワースポットと言わずにはいられません♪ 本当に神聖な良い場所ですよ。


   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「塩竃神社」
場所:和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-25 地図はココをクリック



関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可