スポンサーリンク

園城寺の弁慶鐘と弁慶鍋 
2011年06月15日 (水) | 編集 |

大津市(滋賀県)で 「園城寺」 を歩く


日本各地には武蔵坊弁慶の伝説は残っていますが、

    ここ滋賀県大津市の園城寺にも!なんと弁慶伝説がありました (^_-)-☆

  一般的に、 弁慶の引き摺り鐘 と呼ばれる伝説なのですが、

        これまた知って見ると、実に面白い (* ̄∇ ̄)ノAHAHA




これは、まだ弁慶が牛若丸(源義経)と出会う前、そう…弁慶が比叡山延暦寺の僧侶だった頃、

    当時の延暦寺と、この園城寺と大変仲が悪く、闘争が絶えず、

   その時、弁慶は園城寺を攻め、園城寺から、この鐘を奪い引きずって持ち帰るが、

       鐘は鳴らず… 「イノー」 「イノー」 としか聞こえなかったとか!!




「イノー」 とは… 関西弁で 「帰ろう」 と言う意味で、

    弁慶は怒り、 「そんなに帰りたければ勝手に帰れ!」 と… 谷に投げ捨てたとか (・o・)

  「鐘」 をよく見ると、確かに…引きずった跡やヒビの跡などが!

       う~ん(p_-) この伝説は本当なのだろうか!? それにしても面白い (^_-)-☆




さてさて… この 「弁慶の引き摺り鐘」 と呼ばれる鐘の横には、

   大きな、大きな鍋が置いてあります (^◇^)




なんと!この鍋は弁慶が所持していたもので…

    いやいや、持ち運んでいたそうですよ \(◎o◎)/! ちなみに重さは450キロ!

  ただ、先ほど紹介した、「鐘」 を奪う時、さすがに鐘と鍋の2つは持てず、

     この鍋は園城寺に置いて行ったそうな (笑) 

        攻めて来る時に鍋持参ってのも考えて見たら変ですけどね!! (* ̄∇ ̄)ノAHAHA




この鍋で弁慶が調理をしていたと言う事が、

   後の世に大きく話題となり、ここ園城寺は江戸時代の観光名所になったそうな!!




拡大してみると、当時の様子はこんな感じ (*^。^*)




ちなみに、この絵で描かれている場所は、

  園城寺に入ってスグの場所にある 園城寺食堂 なんですよ♪




それにしても弁慶伝説は、どこで目にしてもスケールが大きいですね (^_-)-☆

    とっても見応えあるので、園城寺… 見に行く価値あると思います!!

   また江戸時代の観光名所って聞いちゃうと、

       また趣が違って感じて、良いモノですね (^o^)丿 う~ん、弁慶スゴイ!


   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






園城寺、弁慶鐘と弁慶鍋

場所:滋賀県大津市園城寺町246 地図はココをクリック
    公式ホームページ



関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可