スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




女人禁制の… 世界遺産 (・o・)
2011年07月27日 (水) | 編集 |

天川村(奈良県)を旅する♪


2004年、ユネスコの世界遺産に 「紀伊山地の霊場と参詣道」 として

    奈良県にある大峰山が登録されました (^_-)-☆

   この大峰山の在り方に関しては、様々な物議が交わされていますね (・o・)

       それは… この山が宗教的な理由で女性の立ち入りを禁止しているからです。
  



大峰山の麓にある温泉旅館が立ち並ぶ洞川(どろがわ)から山道を車で走っていくと…

    母子堂 と呼ばれる小さなお堂が見えて来ます。

   この大峰山は、古くから修験道の山として山伏の修行の場とされ、

       7世紀に役小角(えんのおづぬ)が開いたとされています。




この大峯山に限らず、昔は女性が立ち入る事が出来ない山は多くあり、

   (他には… 富士山、比叡山、御嶽山、高野山なども昔は女性は立ち入れませんでした)

 その役小角のお母さんも、修行する息子に会いに来たくても

    ここまでしか来ることが出来なかったとされる場所が、この 「母子堂」 のある場所。


ほら!女人結界の跡が残ってるでしょ!(・o・)




現在では、この 「母子堂」 の女人結界は石碑だけとなり、

   女の人も自由に入る事が出来て、大峯山の入り口付近まで来ることが出来ます。

      そう… 入り口付近まで… なのです。




つまり、先ほどの 「母子堂」 の更に奥には、現存する女人結界が今も残っています。

    これが現在も女性が立ち入る事が出来ない 女人結界  (・o・)




宗教上の理由から、コレ以上先は女性が進む事は出来ません。

   詳しい理由は → ウィキペディアを参考にして下さい




男女平等と叫ばれる今日、この制度が良いのか?悪いのか?

   私には全く分かりませんが、でも多分… 

      女人禁制を貫き通してる場所は、世界でもココだけしかもう残ってないんじゃないかな。




そして… この結界門を過ぎると、奥深い山道になります。

   ここはもう、男性しか入る事が出来ない場所…




いつの日か、もしかすると女性も立ち入る事が出来る時が来るかもしれませんね♪

    
  女性からすると、迷惑な馬鹿馬鹿しい伝統に感じる方もあると思いますが、

     ただ、私は世界に1ヶ所くらい、このような風習の残る山があっても良い気もします。

    う~ん… 男性の勝手な意見だったら、ごめんなさい m(__)m

        きっと、これに関しては色んな声があると思います。難しい問題だ…




さて、この大峯山では、日本三大荒行と言われる「西の覗き」が有名で、

    命綱に身を任せて、断崖絶壁から吊るされる?修行が行われます。

   昔は口に六文銭をくわえて今までの罰業を懺悔したそうですが、途中で綱が切れる事も…

       まさに命がけの修行が今もここで行われているのです。

          (現在は、そこまで危険ではありませんよ (^_-)-☆)



   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「大峯山の女人結界」

場所:奈良県天川村洞川  地図はココをクリック




関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。