スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




天河伝説を読み、旅する…
2011年08月01日 (月) | 編集 |

天川村(奈良県)を旅する♪


角川書店から出版されている 『天河伝説殺人事件』 を読んだ事はありますか?

    内田康夫さんの小説は歴史の中にサスペンスがあり、

  その本に入り込むと、思わずその土地を訪問したくなる魅力がありますね♪

      この本は、「天川と言う土地の伝説」、そして 「能楽」 の話が主体となっています (^_-)-☆




今から約15年程前に、この 『天河伝説殺人事件』 は映画化され話題となりましたが、

   私は個人的には映画よりも小説を読む方が断然面白かったです (・o・)

  それが内田康夫さんの魅力なのかもしれませんが、この小説を読むと…

     あまりに地域の描写が見事なので、おそらく天川に導かれるかもしれません♪ (* ̄∇ ̄)ノ




この下の写真が 「五十鈴」 ですね♪

   天河大辨財天(天河神社)に古来より伝わる独自の神器。

  ちなみに小説では、この五十鈴がキーポイントとなり、

      天川の地へと導く役割を果たします (^_-)-☆   詳しくは → ココをクリック




この天河神社は、正式には 天河大弁財天社 と言い、

    「厳島」、「竹生島」 と並ぶ日本三大弁財天の一つと言われています。

   そして、芸能の神様を祀っていて、本殿の前には能舞台があり、

     毎年7月16日から17日にかけて行われる 「例大祭」 での 「能楽」 の時に

        本殿に祀られている弁財天像は年に1度の御開帳されるんですよ♪    




そうそう、この例大祭では、この 「能楽」 は無料で見る事が出来ますが、

   スゴイ人となるので、開始1時間ほど前から席を確保しておくち良いでしょう♪


さて、下の写真は、天河神社の本殿すぐ下に祀られている五社殿の御祭神。
   



また、この地は 「四石三水八ツの社」 と言われ、

   天から降った四つの石、三つの湧き出る清水、八つの社に囲まれた 「神域」 とされているそうで、

      天河神社の境内には、3つの天石が祀られています (・o・)




他に注目したいのは、巨大な 「イチョウの木」 !!

    この木には神様が宿っていると言われていますが、実際に近くまで来てみると…




目の前に立ってるだけで、爽やかな風が吹いてくるような気がして、

    まるで何かを語りかけてくるような気がする… 不思議な巨木です。

   う~ん♪ それにしても、これほど立派なイチョウの木なら、

        紅葉の季節に改めて来てみたい (^_-)-☆ 圧巻だろうなぁ~




そして最後に… これはオマケですが (^^ゞ

   例大祭に来ると、「柿の葉寿司」 が無料で配布されているんですよ♪

  あ!柿の葉寿司ってしってますか? 柿の葉でくるまれたサバ寿司で、

      奈良の名物♪ これがメチャクチャ美味しいのです。無慮配布は信じられない!(・o・)




奈良県天川村の天河神社、例大祭などイベントの時も素敵ですが、

   静かな風情を感じたいなら、何も催しがない時もまた魅力的!!

  何もない、ただ深々とした場所ですが、多くの人々が 「気」 の集まる場所と口にするのも、

     実際に来てみると、分かるような気がします (^_-)-☆ まさに、パワースポットですね!

       最後にもう一度! 『天河伝説殺人事件』 を読んでから来ると! より楽しくなりますよ♪



   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「天河神社」

場所:奈良県吉野郡天川村坪内107  地図はココをクリック
    公式ホームページ




関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。