スポンサーリンク

1300年前から伝わる日本の伝統薬!陀羅尼助
2011年08月24日 (水) | 編集 |

天川村(奈良県)で「陀羅尼助」を購入♪


この私が書いているブログを読んだ事のある人は、皆さん分かってると思いますが、

    私は食べる事が大好きです!しかもコッテリしたものが大好き♪ (*^。^*)

   そんな私が、もう10年以上必ず手放さない 「胃腸薬」 を今回紹介します!!

       その胃腸薬は奈良県天川村洞川にある “銭谷小角堂” に売ってます (^_-)-☆




ネットでも購入できるので、遠方の方には便利です♪ お店の公式ホームページ

   ただ、奈良県天川村は空気、水、人がとても良い場所なので、

     もし可能であれば、直接行って、自然の空気に触れながら、

        お店の方と話し込みながら買ったするのが一番おススメかな♪




この店の前にある 「はらいた くすり」 の鬼の看板が歴史を感じさせます…




あ、この 「くすり」 のランプ型照明も、なんか素敵ですね♪




少し脱線すると… 

   陀羅尼助(だらにすけ)のキューピーちゃんストラップもあるようです (笑)




さてさて、陀羅尼助(だらにすけ)って何だろう?って方も多いと思いますので、

    簡単に説明すると、飛鳥時代の頃から現代まで伝わる腹痛に効く薬 (^_-)-☆

  打ち身や捻挫、眼病にも効能があったようで、万能薬的な要素もあると伝えれれてきましたが、

      現在では薬事法の関係で、その効能は表記されていません。胃腸薬として売られています。




実際に私が使ってみた感想ですが、腹痛の時など効果があり、

    食中毒になった時だけは流石に全く効きませんでしたが…

   それ以外の腹痛や、下痢に関しては、殆ど 「陀羅尼助」 のお世話になっています!!

       海外に行く場合も、必ず持参してますよ (^◇^)




私は 「薬」 の事は詳しく知らないので、適当な事しか言えませんが、

    あまり 「薬」 って体に良くないイメージがあり、出来たら飲みたくない… ってのが本音。

  ただ、この 「陀羅尼助」 に関しては、オウバク(黄柏)、ガジュツ(莪蒁)、ゲンノショウコ

    昔から伝わる3つの薬草で出来ているらしく、 詳しくは → ココをクリック

       そんな意味で私は、いつも安心して飲んでいます(* ̄∇ ̄)ノ




じゃ~ん \(^o^)/ これが今回購入した 「陀羅尼助」 です!!




陀羅尼助は苦い… そんな事を耳にすることがありますが、

  「銭谷小角堂」 の陀羅尼助は全く苦くないですよ! (飲まずに噛んだら分かりませんが…)

      って言うか、この店の陀羅尼助が、私は一番安心出来るし、一番効くと思ってます。

    なるべく 「薬」 飲みたくない人、自然派な人には、おススメですよ!!

       1300年も前から伝わる伝統秘薬!どうですか♪ \(^o^)/

  

   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「銭谷小角堂」

場所:奈良県吉野郡天川村洞川254-1 地図はココをクリック
電話:0747-64-0046
    公式ホームページ



関連記事




テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可