スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カトリック玉造教会の細川ガラシャ像
2011年10月22日 (土) | 編集 |

森ノ宮(大阪府)で「カトリック玉造教会」を探索♪


豊臣秀吉の時代には、大阪城から南側付近には大名屋敷が並んでいたそうです。

   そして細川忠興の屋敷も、この付近にあり、

  関ヶ原の前に、その忠興夫人である細川ガラシャが炎に包まれ

     壮絶な最後を遂げた事は、前回に紹介しましたね。 前回の内容はココをクリック




細川ガラシャと言う女性は、キリシタンである事で知られていますが、

    そのキリシタンになったキッカケとしては、父である明智光秀が

   本能寺の変で、織田信長に謀反をした事で彼女の人生を変えてしまった故だと考えられます。


その細川ガラシャの居た屋敷近くに、 「カトリック玉造教会」 があり、

   教会の入り口の両脇には、キリシタン大名として有名な 「高山右近」 の像があり、




その反対側には、「細川ガラシャ」 の像があります (・o・)

  とても美しい女性だったと言われていますが、

    彼女の生き方、生涯ほど波乱に満ちたものはなかったのではないでしょうか。




少し余談ですが… 私は歴史小説など読むのが大好きなので、

  年間で数えるとかなりの冊数を読んでて、その中でも特に面白かったのが

    新潮文庫から出ている三浦綾子著の 『細川ガラシャ夫人(上)(下)』 と言う本!
 
   とっても読みやすく、この本を読んでしまうと、

       思わず細川ガラシャのファンになってしまうかもしれません。おすすめです(^_-)-☆




この細川ガラシャの生き方は日本人の心だけでなく、

    遠く離れたオーストリア・ハプスブルク家の姫君たちに特に好まれていたらしく

  またマリア・テレジア、マリー・アントワネットなど世界の名だたる人物達からも

      尊敬と感銘を受け、その生き方に深く影響を与えたと言われています。




細川ガラシャと言う人物は、知れば知るほど魅力ある人物です。

   「カトリック玉造教会」 まで足を運ぶと、細川ガラシャ像を見る事が出来、

  この像自体は、ふう~ん… って感じで見てしまいますが、

     細川ガラシャの事を知ってから来ると、この地に何とも言えない深みを感じるかも♪


    
   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」





「カトリック玉造教会」

場所:大阪市中央区玉造2-24-22 地図はココをクリック




関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。