スポンサーリンク

岩崎城、ここでの戦いがカギだった!
2011年11月20日 (日) | 編集 |
日進市(愛知県)で歴史を探索!


愛知県日進市に小さなお城、岩崎城 があります (・o・)
この岩崎城は展望台として再建されたのが1987年
まだ新しい事もあり、愛知県の方でも
この城の存在を知らない人も多いと思います。

でもこの城は歴史的に大きな役割を果たした城だったんですよ♪


岩崎城1


現在は小さいとは言え、
立派な天守閣になっていますが、
当時は砦としての役目を持っていたみたいですね (゜-゜)


岩崎城2


現在は展望台的な用途で使われていますが、
すぐ隣には併設して歴史資料館もあり、

ここに 「岩崎城の戦い」 と書かれています。

これこそが、秀吉と家康が戦った
小牧・長久手の合戦」のカギとなった場所 ('◇')ゞ


岩崎城3


小牧長久手の合戦は、
犬山城」と「小牧城」でにらみ合いが続きます。

しかし秀吉軍が手薄になっている家康の本拠地
岡崎城」を急襲しようと別働隊を出し
現在の愛知県犬山市の方面から、
岡崎市まで約2万の軍勢を向かわせ

そして、その道中にあった城が、
この岩崎城 (・o・) 

軍勢の数から言っても勝てるはずのない戦いで、
しかも城を任されていたのは、
わずか16歳の丹羽氏重と言う人物。


岩崎城4


16歳で立派に将なとして、
丹羽氏重は自ら討って出て3度も敵を撃退するも
しかし、やはり多勢に無勢… 
結果、わずか3時間で落城してしまいます(;゜0゜)

3時間と聞くとあっけなく感じますが、
この3時間の間は、
壮絶な戦いが繰り広げられたとか…


岩崎城5


この岩崎城を攻めた羽柴軍の大将の池田常興は、
想像以上に岩崎城攻めの被害があったので、
少し兵を休ませる事に…

この休憩が、この「小牧長久手の合戦」において
羽柴軍の最大の敗因の一つと言われ、


岩崎城6


兵を休ませている間に、後ろから徳川家康の軍勢が迫り…

そして、羽柴軍は… 
目的とした家康の本拠地である岡崎城に到着する前に
長久手で家康軍と直接対決となってしまうのです。
   

岩崎城7


そして後に家康は、
16歳の将として戦った丹羽氏重は戦死してしまいますが
丹羽氏を現在の豊田市に1万石の大名として
この時の功績を称えます。

現在、この場所を訪れると、
大きな戦があった場所とは思えないほど静かな場所。
もし日進市に来たら、
ぜひ岩崎城まで足を運んでみて下さい♪ 








▼愛知県の宿泊先を【じゃらん】で探す
▼愛知県の宿泊先を【一休.com】で探す

▼宿泊先を【楽天トラベル】で探す




ブログランキングに登録しています(/・ω・)/
 「応援のポチッ!」して頂けたら、とっても嬉しいです♪


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村 

ご当地グルメ ブログランキングへ



■━━━━━━━━φ(..)メモメモ━■
「岩崎城」
場所:愛知県日進市岩崎町市場67
公式ホームページ
地図はこちら
■━━━━━━━━━━━━━━━■






関連記事




テーマ:旅行、旅、ドライブ
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック