スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




織田信長への反逆…そして(゚д゚lll) 有岡城
2011年11月23日 (水) | 編集 |

伊丹市(兵庫県)で「有岡城址」を歩く♪


JR伊丹駅の目の前に 「有岡城址」 の石碑が立っています。

     有岡城、また別の名前は伊丹城とも言いますが、この城は

   戦国時代に織田信長の家臣だった 「荒木村重」 の居城だった場所で、

        日本最古の天守台を持つ平城で、難攻不落の巨大な城だったと伝えられています。




そんな巨大な城の城主として近畿の主要地を信長から任されていた荒木村重でしたが、

   ある日、突然… 信長を裏切り、謀反をします。w( ̄Д ̄ w

  この謀反の理由は、現在でも正確には分かっていませんが、

     荒木村重が 「謀反」 との噂が勝手に流れ、その噂は安土城にいる信長の耳に入り




信長は、一度人を疑えば、決して信用せず、殺されてしまうに違いないと

    信長を怖れるあまり、本当に謀反をしてしまったと言う説もあります (・o・)

   ただ、信長からすれば、この荒木村重の謀反に、ただただ驚き…

       何度も、説得に使者を送ったと言われていますので、
     



実際の所、何が事実なのかは分かりませんが、

   結果的に、噂ではなく実際に謀反を起こしてしまった村重は、

     この時点で助かる見込みはなかったのかもしれませんね。 

  怒らしてはいけない男(信長)を怒らしてしまい…

     そして、巨大な堅城でしたが、城は織田勢によって落城してしまいます。




この有岡城址に来ると、当時の礎石跡や、




井戸の跡、




または石垣の跡を見る事が出来ます。




荒木村重は、城の落城前に逃亡したとも、
 
   また毛利家に援軍を頼みに自ら城を出たとも言われていますが、

     本気で信長を怒らせてしまった、この城の末路は想像を絶する悲劇の道をたどります…

  落城、降伏をした有岡城の家臣の妻子達は磔けられ鉄砲で撃ち殺され、

    また約400名近い男女が、生きたまま農家に閉じ込められ焼き殺されたと言われています。
 



この信長の仕打ちに、誰もが怖れ恐怖したと言われていますが…

   もしかすると大将である村重が逃亡した事による見せしめだったのかもしれません。

      …としても、あまりに惨い話ですね (゚д゚lll)




この有岡城は、落城の後… 城跡だけが残る寂しいいばらの茂みとなり、

    江戸時代になり、この地に 「荒村庵」 と言う庵室が作られ、

  現在では荒村寺となっています。ここでは、当時の戦死した人たちの慰霊碑があるそうです。

      お寺の瓦の 「荒」 の文字が、何とも目を惹きますね (・o・)

   


   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」







「有岡城址/伊丹城址」

場所:兵庫県伊丹市 地図はココをクリック




関連記事




テーマ:旅の思い出
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。