スポンサーリンク

岐阜城の下、日中友好庭園の杭州門とロボット水門
2012年03月19日 (月) | 編集 |

岐阜市(岐阜県)で日中友好庭園を探索


かつて織田信長が天下を目指した岐阜城 (*^。^*)

    私は歴史が好きなので、城巡りなども大好きなのですが、

  あの山の頂上に建つ岐阜城は、岐阜市内のあらゆる場所から見え、

      いや… 私達を見下ろしてるようでもあり、なんだか目に入るとワクワクしてきます♪




う~ん、イイですね v( ̄∇ ̄)




さて、今回は岐阜城の紹介ではなく

   岐阜城のすぐ下にある… 「日中友好庭園」 を探索してみました!! 

  岐阜と中国??? ってどう結う関係?って思いますよね。

     実は中国の杭州市と岐阜は1979年に友好都市が提携され

       ここにある杭州門は、その10周年の際に中国から友好の証として贈られたものだとか。




ただ、少し面白いなぁ~と思って見てたのが、この狛犬 (* ̄∇ ̄)ノ

    一般的には向かって右がオスで、左がメスと言われてて、

   オスは口を開け、阿吽(あうん) の 「阿(あ)」 の形、

       メスは口を閉じ、「吽(うん)」 の形をとってるケースが多いのですが


向かって右の狛犬は… 口を開けてて、こちらはオス。




しかし、左側の狛犬も口を開けています w( ̄Д ̄ w

   ただ、子供がいるので、こちらがメスなのでしょうね (^_-)-☆




さてさて… この杭州門を通り、中に入って見ると…




この中は中国そのものの雰囲気 (*´∀`)

    ここは無料で自由に出入りできる公園になっているので、

   ベンチに座って新聞や本を読んでる人が多く、

      そんあ光景が、この中国庭園と合い、一瞬本当に中国にいるような気分になります (笑)




そして、庭園を歩いていると、遠くの方に何かが見える!!! w( ̄Д ̄ w

   近くまで行ってみると… 




なんとまぁ~ ロボットの形をした水門が!!!

   これは1932年に水量を調節するために造られた水門で、

  現在では、その役目は終えたそうですが、岐阜県近代化遺産になっているそうな♪

      こんな水門あると、なんか嬉しくなってきますね (*^。^*)




ちなみに、この水門の名前は 「ロボット水門」 です (* ̄∇ ̄)ノ

    まさにそのままの名前ですね!! (笑)   

  岐阜城の周辺には、あまり知られていないけど…

      ちょっとブラブラと探索するには、丁度いい場所が沢山あります♪

  

   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」








関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可