スポンサーリンク

坂本龍馬生誕の地
2012年05月11日 (金) | 編集 |

高知市(高知県)の「坂本龍馬生誕の地」を歩く♪


高知県と言えば一番最初にイメージされるのは

   きっとこの方ではないでしょうか? そう♪ 坂本龍馬です (* ̄∇ ̄)ノ

  桂浜にある坂本龍馬像を見に行く方も多いと思いますが、

      やっぱり龍馬ファンなら見ておきたいのが、坂本龍馬生誕の地!!




これほど有名な坂本龍馬ですが、この生誕の地の場所は少し分かりずらく

   ビルの間にひっそりと石碑のみが建っています。

      ちょうどこの石碑の裏通りを歩いて行くと坂本龍馬の記念館があります♪




さてさて、坂本龍馬の人物に関しては、もう語る必要もないと思いますが、

   坂本龍馬は、1835年にこの地で生まれ、その33年後の同じ日…

      そう、1867年11月15日の自らの誕生日に,京都近江屋で暗殺されてしまいます。




龍馬は子供の頃、学校の成績は悪く、泣き虫で… 変わり者と言われ

   この生誕の地で過ごしていた頃の幼少期は、誰一人として、

  坂本龍馬がこんな偉人となるとは想像もしなかったと思いますが、もしかすると…

     龍馬はずっと、自分の将来をイメージしていたのかもしれません。




なぜなら、坂本龍馬が詠んだ句と言われているものに、

  「世の中の人は 何とも言わば言え 我が成する事 我のみぞ知る」

      と言うものがあり、心に秘めるものを感じずにはいられませんね v( ̄∇ ̄)

  まぁ~ 実際には本当に龍馬が詠んだのかは分かりませんが…

     でも人に影響されず、自分が正しいと信じる道をつきすすむ

         そんな坂本龍馬と言う人物像がうかがえ素敵です (* ̄∇ ̄)ノ




ちなみに私は今から約20年ほど前、司馬遼太郎の 『龍馬がゆく』 を読み

   この龍馬の人物に興味が出て、初めて一人旅をしたのが、この高知で、この場所でした。

  その当時は、こんな素敵なベンチなどなかったけどなぁ~

      やっぱり大河ドラマの影響でしょうか♪雰囲気でて良い感じですね (*^。^*)




高知県って今の日本を作り上げた原動力となった人たちがいた場所で、

    こも街を歩いていると、何か目に見えない活気的なモノを感じます。

  食べ物も美味しいし、人も良いし、何度来ても心安らぐ場所です。

      また今度、坂本龍馬を巡る旅でも、改めてしてみようかなぁ~ (*´∀`)

  

   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」







「坂本龍馬生誕の地」

場所:高知市上町1丁目 地図はこちら

   高知市のホームページ




関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可