スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




四万十川の沈下橋
2012年06月03日 (日) | 編集 |

四万十市(高知県)の「沈下橋」を探索♪


日本最後の清流と呼ばれる 四万十川 に来たことはありますか?

    この川は全長196メートルもある巨大な川であるにも関わらず

  本流に大規模なダムが建設されていないことから

      大自然の恵に溢れた清流として知られています o(*^▽^*)o




この四万十川には、少し珍しい 「橋」 があるのですが、

    それは橋の上に欄干がないこと! つまりどういうことかと言えば…

  増水時の橋が水面下に没した際に流木や土砂が橋桁に引っかかり

      橋が破壊されたり、川の水がせき止められ洪水になることを防ぐ様に作られた橋!




その名の通り、川が増水すると水の中に沈んでしまうので 「沈下橋」 と言います v( ̄∇ ̄)ニヤッ

   四万十川には沢山の沈下橋があるのですが、ここは 「佐田沈下橋」 と言って

      ここが、市街から一番近くにあり、また四万十川最下流で最長の沈下橋になります。




見て下さい \(^o^)/ この風景!! 天気の良い日、ココを歩くのって最高!!! \(^o^)/

    そして、車も通ることが出来、地元ではまだまだ生活道路として使われています。

   ただ、私自身もそうですが、観光客がやっぱり多く、

       ここに辿り着くまでの山道も狭い場所があるので、来る場合は早朝がおすすめ!




さてさて、場所は変わって…

    こちらは 「佐田の沈下橋」 から車で更に20分ほど奥にある

   じゃ~ん!! 「三里沈下橋」 (^_-)-☆




こちらの方が少し風情がありますね o(*^▽^*)o




ちなみに、橋の下から見た景色はこんな感じ♪




さてと!!




この橋も歩いて渡って見ました! うん♪最高 \(^o^)/




今回紹介した以外にも四万十川を上流に向かって車を走らせると

    数多くの 「沈下橋」 を見る事が出来ます。ただ、気を付けないと行けないのは

  道幅が狭い場所がある事、また山道なので天候の悪い日は避ける事。

      ゆっくり旅行できる時は、四万十川沿いを走り宇和島方面まで行ってみると最高です♪



   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「沈下橋」

場所:高知県四万十市

 佐田沈下橋の場所はこちら   三里沈下橋の場所はこちら 





関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。