スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ここが京都の中心か!六角堂に行こう。
2017年06月30日 (金) | 編集 |
六角堂(京都市、中京区)

この6月から上映された映画「花戦さ」の舞台として話題の「六角堂」は京都の中心と言われているのを知っていますか?

六角堂の正式名称は紫雲山頂法寺。西国三十三所観音巡礼の十八番札所。祇園祭の山鉾巡行の順番を決めるくじ取り式は、江戸時代末まで六角堂でおこなわれ、戦国時代には京都に戦乱の危機が迫ると六角堂の鐘がつかれたと言う。また華道家元池坊が住職を務め、いけばな発祥の地としても知られ、多くの人に愛され親しまれています。

六角堂

この写真は、六角堂にある「へそ石」。ここが京都の中心と呼ばれている場所です。ただ、ここで言う中心、へそと言うのは、単なる位置的な意味合だけではなく、京都に住む人々の心のよりどころとして京都の中心と呼ばれてきました。映画「花戦さ」でも町衆が六角堂に集うシーンが印象に残りますが、宗派を問わず多くの人を受け入れてきた懐の大きさ、京都の町衆との深い絆こそが「京都のへそ」たる由縁と言えるでしょう。

そんな事をより詳しく「旅の記事」にまとめてみました!
▼いけばな発祥地&京都の中心!六角堂は恋愛のパワースポット


------------------------------------------
新しくなった旅人間BLOG
------------------------------------------

関連記事




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。