スポンサーリンク

奈良のコスモス寺と言えば般若寺!満開前も良いよ♪
2013年09月28日 (土) | 編集 |
奈良市内(奈良県)で「般若寺」を探索♪


奈良には素敵な場所が沢山ありますね v( ̄∇ ̄)
さて、今回紹介するのは通称コスモス寺と呼ばれる般若寺です♪

この般若寺は東大寺から
北に向かって坂を登りきった位置にあり
コスモスのシーズン以外は、
とっても静かでのんびり出来る場所でもあるんですよ。


般若1


そして、ここで有名な風景としては
この国宝の楼門の外側から十三重石塔を見る風景 (>∀<)ノ 


般若2


この景色なんですが… 
コスモスが満開になると一面にコスモスが咲き誇り
本当に美しい光景と様変わりするんです!!


般若3


ちなみに私が訪れたのは9月23日(2013年)で、
コスモスは少し咲き始めた感じかなぁ~
少し来るのが早かったかも… 

でも、このタイミングだと訪問者もまだ少ないので
ゆっくり出来ると言うメリットも( ・∀・ )ゞ 


般若4


さて、この国宝の楼門のすぐ側に、
平重衡(たいらのしげひら)の供養塔があります。

彼は平家物語など読むと登場する人物で、
興福寺の南都の衆と戦った時に
夜戦の明かりをと火を焚いたところ、北風によって、
この般若寺、そして東大寺、興福寺を焼き尽くしてしまいます…

やがて時の流れが変わり、平家は源氏に破れ、
この平重衡も囚われの身となった時
彼に恨みのある南都の衆によって、
平重衡は木津川で首をはねられ、

そして首をさらされた場所が、
まさにこの般若寺の門前 (゚д゚lll)


般若5


また、中をブラブラ探索してると
藤原頼長の供養塔もありました。

彼は誰もが認める俊才で、
また他人に厳しかったことから悪左府と呼ばれた人。
保元の乱の時に、流れ矢が首に刺さり、
この付近で葬られたそうですね…


般若6


そして!気になったのがこの石 v( ̄∇ ̄)ニヤッ
この岩は 「まかばら石」 と呼ばれ、
昔から霊石として大切にされてるそうな!

また、石をなでて拝めば運気が上がるそうですよ!!!
私はめったに、こうゆう事はしませんが、
今回一つの願をかけてみました♪
願いが叶いますように ( ・∀・ )ゞ 
もし叶ったらココでお知らせします!


般若7


さてさて、じゃじゃ~ん w( ̄Д ̄ w また石が…
これは 「力石」 と言って、太平記の頃、
この石を持ち上げ、
放り投げて戦った僧がいたらしいですが、


般若8


石の重さは50キロ… 
考えられないね! すごいなぁ~
これらは現代にも伝え残る、その時の石 (・o・)


般若9


般若寺を歩いてて、いいなぁ~って感じるのは
この穏やかな雰囲気の場所に、石仏が所々にあること♪


般若10


う~ん、癒されます o(*^▽^*)o


般若11


そして、十三重石塔と石燈籠です。 絵になりますね。


般若12


この石燈籠の奥に見えるのが…


般若13


笠塔婆と呼ばれるもので、
これは鎌倉時代に作られたモノで
日本では最古のものだとか!


般若14


それにしても、やっぱり…
もう少しコスモスが満開だと良かったなぁ~


般若15


あ、そうそう本堂には、
あの有名な 「木造文殊菩薩騎獅像」 が安置されていて

必見の価値ありです♪  
詳しくはこちらを参考に!


般若16


それにしても良い場所です。


般若17


あまりブログでこんな沢山の写真を載せる事はないのですが
般若寺は、何となく思いっきり満喫してしまいました。(* ̄∇ ̄)ノ
コスモス満開まで少し早かったのもあり、人も少なかったので
境内に座ってボーっとしてると、とても癒されます。
うん!ここは最高の場所ですね♪




にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村 

ご当地グルメ ブログランキングへ





■━━━━━━━━φ(..)メモメモ━■

「般若寺」

場所:奈良市般若寺町221 
電話:0742-22-6287

般若寺の公式ホームページ

■━━━━━━━━━━━━━━━■







関連記事




テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可