スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




京都の宇治市で平等院鳳凰堂を見よう!
2012年07月21日 (土) | 編集 |

宇治市(京都府)で「平等院」を探索♪


京都の宇治市にある平等院は平安時代の後期に建築されたもので

    日本を代表する建築物の一つとして世界遺産に登録されています。

  ただ… 今年の平成24年9月3日から、26年の3月31日までの期間   詳細はこちら

       平等院鳳凰堂は修理工事にになり、一時的に拝観が出来なくなってしまいます (・o・)




平等院と言えば、鳳凰堂が有名ですが…

   その前にこちら! 鐘も国宝に指定されており、天下の三名鐘の一つ!

  ちなみに、他の鐘はと言えば… 京都の神護寺、滋賀県にある三井寺にあり

      「音の三井寺」、「銘の神護寺」、そして「姿、形の平等院」 と言われています。




そう!この平等院の鐘は、

   全面に天人、獅子、唐草文様などの繊細な浮き彫りを施した、

  他に例を見ないほど美しい鐘だとか v( ̄∇ ̄)

      ちなみに、これは複製で本物は館内にある鳳翔館で見る事が出来ます♪
   



さてさて… 平等院の鳳凰堂ですが!




この屋根に上にある鳳凰が象徴的!!

   実はこれも複製で、本物は鳳翔館で目の前で見る事が出来るんですよ o(*^▽^*)o




そして…




こちらが平等院鳳凰堂 \(^o^)/

   この建物は平安時代に関白藤原頼通によって平等院に建立された阿弥陀堂ですが、

  江戸時代に屋根の上に立つ鳳凰があること、

     そしてこの横に広がる建物の姿自体が鳳凰の姿に見えたと言う事から、

        鳳凰堂と呼ばれるようになったとか ヘ( ̄ー ̄)ノ




さ♪ 鳳凰堂の拝観です! 朱塗りの橋を渡って行くと…




そこには見とれるほどに歴史を感じる柱が (;゜0゜)




わぁ~ 素晴らしい…




そして、この先に 「阿弥陀如来坐像」 があるのですが、

   ここから先はカメラを向けては行けないとの事ですので、やめておきましょう!

       阿弥陀如来坐像に関しては → こちらで確認下さい

   ちなみに、この下の写真の扉部分の大きな板の場所が白くなってますよね!

      当時は美しい絵が描かれていたんだとか w( ̄Д ̄ w 驚きですね!!




あ!ほら!! 別の場所にはまだ絵が残っていました (^_-)-☆




やっぱり平等院は素晴らしいですね (^◇^)

   ここに来たら、思わず10円玉を見つめてしまいます。

      そうココに描かれてるのが平等院鳳凰堂!知ってましたか? (笑)




今回の平等院の大修理… どのようになるのか具体的には私は詳しくありませんが

    聞く話によると、美しくなる代わりに今現在のような趣は少し失ってしまうようです。

  この建物をこの先、何百年と維持していくには必要不可欠な工事なのでしょう。

      でも、やっぱり今の姿! 修理前にやっぱりみておきたい (^_-)-☆



   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」








「平等院」

場所:京都府宇治市宇治蓮華116
   公式ホームページはこちら

                                       





関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。