スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




源平「屋島の戦い」を眼下にv( ̄∇ ̄) 談古嶺
2012年10月13日 (土) | 編集 |

高松市(香川県)で「源平屋島古戦場跡」を探索♪


香川県高松市には 「源平の戦い」 の地があります v( ̄∇ ̄)ニヤッ

   屋島の戦い と言えば、歴史に詳しくなくても、

  その名前を耳にした方もきっとあると思いますが、そうココがその地!

      昔は島だったと言われる屋島は、古戦場を見渡せる絶景ポイントでもあります。




この屋島の山頂にある 「屋島寺」 には

   屋島の戦いに関する宝物館があるだけでなく、




屋島の禿狸(ハゲタヌキ)としても知られた場所で、

    ここのタヌキは日本三名狸の一つで、

  ジブリのアニメ 『平成狸合戦ぽんぽこ』 に登場することでも知られてるんですよ♪




ちなみに・・・ その昔、あるタヌキが矢傷で死にかけたところを平重盛に助けられ、

   その恩義から平家の守護を誓い、その子孫が屋島の 「禿タヌキ」だとか!

  平家の滅亡後、禿タヌキは屋島寺の守護神となり、変化妙技は日本一と称され、

      四国の狸の総大将の位にまで上り詰めたそうです。なんだか面白いですね♪




さて、ここは 「血の池」 と言う場所・・・




その昔、源平の合戦での血の付いた刀をここで洗った事で

    この池が真っ赤になったらしく、この名前が付いたとか… こわ(・o・)




ここから少し歩いて行くと、




絶景ポイントが!!!




源平合戦の史跡を聞き源氏の武士や平家公達たちを偲び、

  「談古嶺」 と命名されたと言う場所!!! 歴史ある地を一望できる最高の場所♪




源平合戦の 「屋島の戦い」は、1185年この眼下で起こったと言われ

   源氏の軍勢が海から攻めてくるものと思っていた平氏は舟隠し挟み撃ちにする計画を!!

  ところが、源義経の源氏軍は違う海岸に上陸し、疾風の如き勢いで陸路屋島まで進軍し、

      屋島の内裏へ火を放ち平家混乱に陥れ、そして海に追い立てていきます。




この戦いの中で有名なのは、「義経の弓流し」 と言われるもので、

   弓を落とした義経は、小さいの弓を使ってるのを敵の平氏に見つかるのを恥じ、

      危険をおかして拾いあげに行く話や

 「那須与一による扇の的」 などが知られていますね! この話は、

   戦いの最中に平氏が小船を差し出し、美しい女人が 「扇」 を立て手招きをします。

     つまりこれは 「源氏にこれを射れるほどの名人はいるのか!」 と言う挑戦。

       そこで義経は弓の名人、那須与一に射落とすことを命じ、

         両軍が見守る中、那須与一は見事!扇の要を射抜き、「扇」 を海に落とすのです。




この場所は 「源平の戦い」 の中でも名場面が多く、様々なエピソードが残っています。

    そして壮絶な戦いがあった場所でもあり、「談古嶺」 と後に称されるこの地は、

  多くの人が、この地に来て、歴史の跡を思い偲んだ場所・・・

       平家は、この 「屋島の戦い」 の後、滅亡へと進んでいきます。  



   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「源平屋島古戦場跡」

場所:香川県高松市 地図はこちら
    参考:ウィキペディア

                                        





関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。