スポンサーリンク

興福寺を歩く
2009年10月10日 (土) | 編集 |

興福寺(奈良県)を歩く


奈良の興福寺と言えば…

   かつて藤原氏が栄華を極めた象徴的な大寺として有名で

  また南都7大寺の一つとも言われ、世界遺産にも登録されています (・o・)




その興福寺ですが、

  一般的に良く目にするのが、この「五重塔」と「東金堂」の写真で




特にこの興福寺の五重塔は、木造の塔としては日本で2番目に高いと言われています。

   ちなみに一番高いのは京都にある東寺の五重塔! \(^o^)/

 日本で2番目に高い木造の塔と言っても、どの位の高さがあるのかと言えば・・・

     なんと!50,8メートルもあるんですよ! (東寺の五重塔は54,8メートル)




真下まで行って、見上げると迫力満点ですね!




さて五重塔は国宝ですが、その横に建つ

   東金堂も国宝の一つ (^_-)-☆




この東金堂は726年に建立されたと言われていますが

  1411年に五重塔と一緒に焼失し、今あるのは1415年に再建されたもの。

 再建されたものと言っても、柱一本一本に歴史を感じ、本当に素晴らしい (・o・)




屋根もこの迫力!!!鬼瓦ですね♪




そして中に入ると、銅造薬師三尊像や木造四天王立像などを見る事が出来ます。

   この国宝に指定されてる建物の中で、国宝の仏像を見るのは、あまりに贅沢で

  お堂の中は静かで、神聖に満ちたものがあり、

     平安時代から室町時代に造られたも仏像が沢山あり、

 東金堂の中には・・・



          ・・・が安置されています。(上の仏像名をクリックすると説明が見れます)




中は写真撮影が禁止なので フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 の画像を引用させて頂きました。


古き良き奈良を感じるには、この興福寺を語らずにはいられませんね。

   のんびりと散歩しながら、ゆっくり歴史を感じるには最高の場所です♪(^◇^)






     東海情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ブログ村」






「興福寺」
興福寺に関する詳しい情報は → ここをクリック
地図を確認するにはココをクリック
関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可