スポンサーリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




“厳島神社”の干潮時
2009年10月23日 (金) | 編集 |

宮島(広島)を歩く


世界文化遺産でもあり、日本三景の一つでもある広島県宮島にある厳島神社!

   平安時代末期に平家一族の崇敬を受け、平清盛が現在の社殿を造営したと言われて

  今もなお、その優雅な姿を残しています (*^。^*)




一般的に、この「大鳥居」は海の中に浮かぶ光景が有名ですが

   干潮時の姿もまた、見ごたえがあります♪

  地続きとなった大鳥居まで歩くことができて、

     そして!この大鳥居に直接触ることだって出来るんです \(^o^)/




  ちなみに♪この大鳥居の高さは16メートルで、

     奈良、東大寺の大仏さんと同じ大きさとか (^_-)-☆

   海水が引いた浜辺には

    地面の砂を良く見ると小さなカニが沢山いるので、それもまた楽しい♪ (^-^)
   



そして、鳥居の後ろを振り返ると、厳島神社の本殿が見え




歩いて奥まで進んで行くと♪




なんと\(◎o◎)/!

  宮殿の下にだって行けちゃうんです (*^。^*)




そして少し散歩をすると…




平安時代に建てられた、この国宝の美しさに見とれ、本当に美しいの一言!

  満潮時には、海水の青に中に朱色をした本殿が浮かび、

    干潮時には、藻が作り出した緑色が、本殿の朱色を上品に彩ります♪




水の中に浮かぶ姿も素敵ですが…

  干潮時の厳島神社も見ごたえがあり、こうやって考えると

 様々な姿を見せてくれる、この神社の風流さの奥深さを感じますね (^◇^)




では、次回は…
 
  潮が満ち、 厳島神社が海に浮かぶ姿 を紹介します (^_-)-☆





    情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ブログ村」






厳島神社にて
場所:広島県 地図はココをクリック
厳島神社に関する詳しい情報は → ここをクリック
関連記事




テーマ:国内、史跡・名勝巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。