スポンサーリンク

奈良県、手向山八幡宮の紅葉
2012年11月22日 (木) | 編集 |

奈良公園(奈良県)を歩く♪


奈良と言えば東大寺が何と言っても有名ですね!

   その東大寺を過ぎて奥まで約5分ほど歩いて行くと v( ̄∇ ̄)ニヤッ

  手向山八幡宮 があるのを知ってますか?

      秋になると、ここの紅葉もけっこうキレイなんですよ♪ (2012.11.18)




ほら ヘ( ̄ー ̄)ノ




この赤と黄色のコントラストがたまりませんね♪




この大きなイチョウの木を境内から見てみると、

   こんな感じ v( ̄∇ ̄)ニヤッ  う~ん♪ お見事!




さて、この手向山八幡宮に関してですが、

  749年に東大寺大仏建立のため、大分県にある宇佐八幡宮より

     東大寺守譲の神としてむかえ、まつられましたものなのです (*´∀`)




東大寺近くは多くの人で賑わってますが、

   この手向山八幡宮まで来ると、けっこう静かで・・・




あ、ここが手向山八幡宮の拝殿ですね!




「このたびは幣もとりあえず手向山、紅葉の錦、神のまにまに」

   という菅原道真の百人一首の歌でも有名で、

      菅原道真がここに腰掛けたと言われる岩もあるんですよ!




それにしても♪




ここの紅葉は静寂があって素敵です v( ̄∇ ̄)ニヤッ




奈良公園はとっても広いので、とっても素敵な見所が沢山あります♪

   もちろん東大寺の大仏さんも素敵ですが、ちょっと足をのばすと…

  想像以上に素敵な所が沢山!!

     特に紅葉の季節は、のんびり探索してみたいものですね (^◇^)


  

   「ブログ村」情報ランキング登録中!ココをクリックしてくれると嬉しいです → 「ポチっとしてね!」






「手向山八幡宮」

場所:奈良県奈良市雑司町434





関連記事




テーマ:歴史・文化にふれる旅
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可